2016年3月12日土曜日




アンデルにて連載中の広小路尚祈さんの「芸術のおっさん」最終話。「32歳、無職の俺は芸術に目覚めた-」ここまで主人公の甘えん坊ぶりにイライラしてきたのに、今朝京阪電車の中で最終話を読みながら胸がいっぱいになって少し涙する。いいお話しだった。1歳になった下の息子を預け、今日は実に1年半ぶりくらいに一人で電車に乗りました。中吊り広告をぼんやり見て、??これ映画の広告じゃないの???と戸惑ってたら皆に「それひらパーやん!ひらパーのいつもの広告やん」と当然のように言われてカルチャーショック。。。ひらパーって…全然知らなかった。行かなきゃ。